女性

婦人科の手術費用

婦人科と形成外科の主な手術費用

女性

婦人科や形成外科では、人口避妊手術や子宮頸部異形成レーザーそしてピルの処方など様々な医療サービスを提供しています。 これらの医療サービスのうち、婦人科あるいは形成外科でのピルの処方は最近もっとも利用者が増加しているサービスのひとつです。避妊効果の高いピルが続々と認可されたおかげで、女性にとっては気軽にピルを利用できるようになってきました。 婦人科や形成外科でピルを処方してもらうには、約4000円程度の費用がかかります。一回の婦人科の受診で、最大6シートのピルを処方してもらえることになっています。これは薬代と診察代が含まれていますが、継続して薬を使用する人は薬代だけですむようになるので、もっと安くなります。

婦人科形成のトレンド

婦人科形成という窓口は今まではそれほど知られていませんでした。しかしながら、現在のトレンドとして婦人科形成科の利用者が増えています。 最も相談が多いのが意外なことに小陰唇にかかわる治療です。小陰唇というのは刺激によって肥大しやすく、一度肥大すると手術をしなければもとに戻すことができません。婦人科形成ではこの小陰唇を切除して小さくする手術の需要が伸びています。現在の傾向としてこの手術が最も多いですが、ほんの10年ほどのことでそれまではそのような手術自体が知られていませんでした。 婦人科形成で小陰唇を手術する場合には、片方ごとに費用がかかります。片方にかかる費用は6万円から8万円ほどかかってくることになります。