女性

ネットで情報を入手しよう

女性

生きていれば体臭はするものです。しかし女性にとってあそこが臭うことは、とても恥ずかしいことだと感じます。そのためその臭いを消そうと様々な努力をしています。そういった女性の考えを理解することも大切なことです。

読んでみよう

病気が潜んでいることも

女性

女性の悩みの一つにあそこのにおいが挙げられます。臭い場合には生活習慣の見直しや、婦人科受診などがお勧めです。病気が関係していることもあるからです。いつも清潔にケアすることも重要と言えます。情報をインターネットで調べてみることも大事です。

読んでみよう

治療法とそのメリット

女性

妊娠すると出産に備えて膣が伸びやすく柔らかくなります。さらに出産時には赤ちゃんが膣壁を押し広げて出ようとします。この時、膣壁が裂けてしまう女性は多く、裂けなくても膣の筋肉がのびのびになってしまうのです。そのため、産後の膣のゆるみに悩まされている女性は数多くいるでしょう。産後の膣のゆるみは出産を経験した方なら誰にでも見られる症状ですが、このゆるみはとても大きな問題です。膣がゆるむだけでなく大陰唇や小陰唇などの外陰部などのゆるみにも繋がるのです。膣がゆるいとパートナーから指摘されたり水や空気が入りやすくなったりします。また、膣のゆるみが原因で尿漏れや便の切れが悪くなるなどのトラブルも引き起こしやすくなるのです。
膣のゆるみを改善する方法として膣縮小術があります。ヒアルロン酸注入や膣内のコラーゲン活性化を促すビビーブ、レーザー治療などが挙げられます。ヒアルロン酸注入のメリットにはメスを使用しないため傷跡が残らない、施術の後の通院が不要、短時間で注入が終わる、将来的な出産への影響がないなどが挙げられます。ビビーブのメリットにはヒアルロン酸注入と同じく傷跡が残らないこと以外にも、痛みがなく出血もない、一度の施術で効果を実感できるなどが挙げられます。レーザー治療のメリットには膣のゆるみだけでなく尿漏れの解消に繋がる、ヒアルロン酸注入やビビーブと比べて効果の持続が長い、性交渉をしてもパートナーに知られることがないなどが挙げられます。

婦人科の手術費用

女性

小陰唇の縮小手術に必要な費用は片方ごとに費用がかかります。片方の手術費用は約6万円から8万円程度とされています。婦人科の手術費用は高額なイメージがあり、なかなか治療できずにいるという女性は一度相談してみると良いでしょう。

読んでみよう